スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキングに参加中!
↓応援して下さる方はクリックお願い致します♪m( _ _ )m 
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ワインの購入はワイン通販広島屋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

テイスティング(香りの分類編)

今日は久しぶりにテイスティングのお話をしたいと思います^^


テイスティングの中で最も重要といわれている香りについてです。


ワインの香りには地球の香りの全てが閉じ込められていると言われることがあります。


いわばテイスティングは偉大な自然との出会いでもあると思います。


大地が生きているようにワインの香りも、グラスに注がれてから5分後、10分後、30分後、2時間後と、どんどん変化していき、最後には消えてしまいます。


香水のように設計図がないため、保存も再生も不可能。


それでも記憶に留められるように時間をかけてゆっくり楽しむお酒なのかもしれません☆


香りは以下の大きく10種類に分けられます。
①花
②果実
③干した果実
④植物
⑤土
⑥樹木
⑦動物
⑧香辛料
⑨ロースト香
⑩その他


①~⑤はワインの年齢(ヴィンテージ)を推測させる暗号としてとらえることができます。


若いワインには花の香りや果実の香りが豊富に含まれており、年をとるにつれ、干した果実や干草などの香りを経てキノコや土、動物の香りが中心がなってくるそうです。


食物の生命サイクルに似ていなくもないですね^^


生き生きとした花が咲き、実がなり、やがて乾燥し、地上に落下する。


そして葉や枝だけになった植物はやがて枯れ、腐葉土となり土に還っていく。


このように①~⑩はそれぞれ濃度と揮発性の違いから、同時ではなく順番に感じることができるのです。


これがワインをゆっくり時間をかけて楽しむ最大の理由なのかもしれません。


というわけで長くなってしまいましたが、今夜もゆっくり楽しみたいとおもいます☆


IMG_3020.jpg


キュヴェ・マダム
IMG_2570.jpg
ワインの説明はこちら


カレーパスタ
IMG_3021.jpg


昨日のトリプル茸に茄子・茸・ネギ・鶏肉(極微量しか入っていないです)を加えカレー風味のパスタにしました。


マリアージュ度★☆☆☆☆


やっぱりカレーとワインのマリアージュって難しいものですね><


どうしてもカレーのスパイスが強烈に上がってきてしまいます。


ちなみに5分で完食です(笑)




ブログランキングに参加中!
↓応援して下さる方はクリックお願い致します♪m( _ _ )m

 


 にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 

  

関連記事




ブログランキングに参加中!
↓応援して下さる方はクリックお願い致します♪m( _ _ )m 
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ワインの購入はワイン通販広島屋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

コメントの投稿

非公開コメント

確かに難しそう…

実は先日私もカレー風味のスナック菓子とワインを飲んだのですが、カレースパイスが強すぎてワインの風味が損なわれるような印象を受けました。
またテイスティングのお話は勉強になりました。ありがとうございました(^^)

>ぶーにんさん

やっぱりそうですよね。
スパイスの香りが強すぎてワインの繊細なアロマが感じ取りにくいような気がします。
しかし、世の中には絶対カレーにあうワインが存在すると思うんですよ♪
いつかそういうワインが見つけられることを信じていきたいと思います♪
とりあえずシラーを片っ端から飲んでいくのが近道のような気がしています。

人生の岐路さま
「ワインの香りには地球の香りの全てが閉じ込められていると言われることがあります。」
作り手の方々、それに携わる関係者の方々に
心から感謝の気持ちをもって、味わいながら
頂かなければいけませんね..

毎回申しますが、ワインの世界は奥が深いものですね。

お話は変わりまして。^^
「ペプシマン」!
受けましたよ。v-411
ちなみに、ペプシマンは日本だけのキャラクター
だそうですね。
知りませんでした。^^

>artymamaさん

造り手の気持ちが表れているようなワインが大好きです。
人が安らぎや感動を求めに旅をするようにいろいろな土地のワインを味わっていきたいなぁと思っています。
奥が深く終わりがないことがワインの魅力なのかもしれませんね☆
ペプシマンうけていただけました!?
ぱっと見、そう感じてしまったんですよ…
いつも変なコメントですいません(笑)
プロフィール

人生の岐路

Author:人生の岐路

カテゴリー
最新記事
全タイトルを表示
  • スポンサーサイト
  • テイスティング(香りの分類編)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年05月06日 (日)
  • 00時00分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
相互リンク
ブログ内検索
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
4029位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
現在の閲覧者数:
無料カウンター
おすすめShop
テイスティングに必需品↓

テイスティングに必要な
54種類の香り↓


必読ワインの教科書↓








イタリアワイン専門店↓

希少なイタリアワインを
お探しの方にオススメ

あると便利なグッツ↓


お気に入りのワインは↓
お洒落なセラーで大切に


楽天ワインランキング

コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ご近所さんのブログ^^
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。