スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキングに参加中!
↓応援して下さる方はクリックお願い致します♪m( _ _ )m 
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ワインの購入はワイン通販広島屋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

5大シャトーのセカンドワイン

セカンドワインとは
セカンドラベルともいい、ファーストラベルとして売る品質に値しないとしてセカンドワインとして販売されるワインや、最初からセカンドブランドとして同じシャトーでも別の生産工程で作られるワインのことです。

セカンドワインを設けているシャトーは、ファーストラベル認定にかなり厳しい基準を設けているシャトーが多く、セカンドワインでも十分に高品質なワインもあります。

ボルドー5大シャトーセカンドワイン
シャトー・ラフィットのセカンドワインは、カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト
(Chateau Lafite-RothschildのセカンドラベルはCarruades de Lafite-Rothschild)

シャトー・ラトゥールのセカンドワインは、レ・フォール・ド・ラトゥール
(Chateau Latourのセカンドラベルは、Les Forts de Latour)

シャトー・ムートン・ロートシルトのセカンドワインは、ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト
(Chateau Mouton Rothschildのセカンドラベルは、Le Petit Mouton de Mouton Rothschild)

シャトー・マルゴーのセカンドラベルは、パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー
(Chateau Margauxのセカンドラベルは、Pavillon Rouge de Chateau Margaux)

シャトー・オー・ブリオンのセカンドワインは、シャトー バーン・オー・ブリオン
(Chateau Haut Brionのセカンドラベルは、Chateau Bahans Haut Brion)

カリフォルニアを代表するセカンドワイン
オーパス・ワンのセカンドワインは、オヴァチュア
(Opus Oneのセカンドラベルは、Overture)



セカンドワインを購入
関連記事




ブログランキングに参加中!
↓応援して下さる方はクリックお願い致します♪m( _ _ )m 
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ワインの購入はワイン通販広島屋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

人生の岐路

Author:人生の岐路

カテゴリー
最新記事
全タイトルを表示
  • スポンサーサイト
  • 5大シャトーのセカンドワイン
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年01月26日 (木)
  • 14時49分02秒
  • この記事にはトラックバックできません。
相互リンク
ブログ内検索
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
3731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
現在の閲覧者数:
無料カウンター
おすすめShop
テイスティングに必需品↓

テイスティングに必要な
54種類の香り↓


必読ワインの教科書↓








イタリアワイン専門店↓

希少なイタリアワインを
お探しの方にオススメ

あると便利なグッツ↓


お気に入りのワインは↓
お洒落なセラーで大切に


楽天ワインランキング

コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ご近所さんのブログ^^
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。